Beitrags-Archiv für die Kategory '知っておきたい太陽光発電'

どんな場所が設置に有利か

太陽光発電システムはまだまだ初期費用が高めですが、それでも設置するときに補助金が支給されたり、発電した電力を電力会社に買い取ってもらうことができるので、家庭によっては10年前後で初期費用を回収することができると言われています。
ただし、住宅の環境によっては発電量に大きな違いが出ることがあります。
発電量が少なくなれば売電料も少なくなってしまうので、費用回収までの期間が長くかかったり、費用回収が不可能になってしまったりします。
では、川口市で太陽光発電システムを設置する際にはどのような条件の家庭が有利になるのでしょうか。
まず、何よりも重要なことは「周囲に日照を妨げるような高い建物がない」ということです。
特に南側に高層マンションなどの高い建物があって日照時間が少なくなってしまうと、発電量が大きく減少してしまいます。
この場合は個人ではどうしようもないので、場合によっては設置をあきらめなくてはならないかもしれません。
設置前にはしっかりと確認しておくようにしましょう。
また、屋根の大きさや方角についても注意が必要です。
現在販売されている太陽光発電の変換効率は15%から20%と大きな差がないので、できるだけ多くの発電量を期待するならば太陽電池パネルをたくさん設置することが必要になります。
ですから、屋根が広い川口市の住宅ほど発電量で有利になります。
方角については、やはり南向きの屋根が理想的だといえるでしょう。
真南から少しくらい東西にズレてもそれほど問題にはなりませんが、真東・真西の場合は真南より2割ほど発電量が減ってしまいます。
真北の場合は真南に比べて4割も発電量が減ってしまうので、屋根の方角については南向きが有利だといえるでしょう。
さらに、屋根の角度によっても発電量は増減します。
屋根の角度は水平面から30度くらいが最も発電量が大きくなり、30度より角度が大きくても小さくても発電量は少なくなってしまいます。
最近はデザインを重視した水平屋根の住宅も増えていますが、その場合には注意が必要でしょう。

Thema: 知っておきたい太陽光発電 | Autor: admin