埼玉での導入支援

太陽光発電は地球温暖化防止に役立ち、また電力不足を解消できるものとして有望視されています。
そこで、国や自治体では積極的に太陽光発電の導入を支援しています。
埼玉でも住民による住宅用太陽光発電システムの設置に対して補助金を支出するなど、家庭への太陽光発電の普及につとめています。
電力の利用者である住民自らが発電を行うことで環境への関心も高める効果があります。
また、埼玉県では、太陽光発電の普及推進のために、ソーラー拡大協議会というものを結成しています。
その活動の一環として、住民や団体の寄付や出資金によって公益的施設に太陽光発電システムを設置する際に補助制度を設けています。
公的施設に太陽光発電設備を設置することで、公的施設のエネルギーがその設備によって賄われ省エネルギーに資することに加えて地球温暖化の防止にもなります。
さらに、埼玉県では、県の所有する土地を民間企業に貸し付けたり売却することで、大規模太陽光発電所の建設計画を進めています。
大規模太陽光発電所が建設されれば、安定した電力の供給が見込めるため、電力不足を解消できます。
また、太陽熱の利用は安全な発電方法であることから、周辺の住民も安心して生活することができます。
そして、空気を汚さないため、埼玉県内の空気汚染も改善される効果が期待できます。
また、停電時にもその電力を利用できるため、災害が起こった時に調理をしたり、夜間の照明などに用いることができます。
このようにメリットの多い太陽光発電なので、今後埼玉県内での導入はさらに増える予定です。

Tags »

Autor:admin
Themengebiet: 埼玉での導入事情