川口市での取り組み

川口市では、太陽光発電システムを導入すると、その設置費用に対して補助金が支払われる制度を作っています。
それは、川口市が地球温暖化への懸念を強くしていて、少しでも地球温暖化をすすめる温室効果ガスの排出や、温室効果ガスを伴って作り出す電気の使用を減らした人に対して、がんばってくれました、という思いを込めて補助している感じがします。
それが、温暖化という、どこか過ごしやすい環境というイメージを持ってしまう言葉をあえて使わず、地球が高温化していると表現することで、人々に注意を促しているところからもよくわかります。
川口市における太陽光発電システムの導入に対する補助金としては、1システムあたりの上限を100000円としています。
これは川口市という地方自治体が設置した補助金ですので、他に国からも補助が出ます。
さらには埼玉県が独自に設定している補助金制度があれば、トリプルで補助金がでることになり、導入にかかる経済的負担は軽減されます。
3か所からの補助金が出る場合、太陽光発電導入に対して非常に前向きに考えられると思いますが、まだまだ3つ揃って補助金を出すところは少ないことを考えると、川口市は地球温暖化と太陽光発電の利用について、かなり真剣に考えていることがわかります。
この補助金が出ることのメリットを活かし、川口市でどんどん太陽光発電の導入が進んでいくことで、周りにも波及効果を及ぼしてもらいたいものです。

Tags »

Autor:admin
Themengebiet: 埼玉での導入事情