自宅で長年の夢だった計画を実行した。

私は10年前に川越市で一戸建てを購入しました。
その時同時に太陽光発電を設置しようと思っていたのですが予算の関係でその実現をあきらめました。
当時残すとは200万円を超えるもので追加料金を支払えることができなかったのです。
そのころは今と違って補助金などなくて自前でやるしかありませんでした。
私が太陽光発電に興味を持ったのは太陽の光を電気エネルギーに変えるといったことで無尽蔵といっていい太陽の光を無料で使えて電気を作ることができ自宅の電気料を安くできるといった単純なことからです。
自宅で発電をしてそれを消費する、
理想ではないでしょうか。
それに災害時隣近所が停電で真っ暗でも自宅は明るいといったこともちょっとした優越感を抱かせてくれるでしょう。
そんな単純なことから太陽光発電を希望して、
そしてお金がないといった単純な理由からあきらめたのですが、
最近風向きが変わってきて、
太陽光発電に補助金が支給されるのです。
それも国と都道府県と市町村からです。
私の場合国と埼玉県と川越市から補助金が支給されます。
このチャンスを見逃す手はありません。
自分で業者を選別して契約して早速太陽光発電を設置しました。
そしてそこに家庭用の逐電装置をつけました。
蓄電装置に関しても補助金が出るのです。
それをつけることによって日中しか発電しない太陽光発電の電気を自宅で一日中使用することができるようになります。
10年間住宅ローンを返済してきてある程度余裕が出たことも大きかったことですが、
今は売電もできるようになり売電価格も結構な値段です。
太陽光発電を10年前でなく今してよかったとつくづく思うのです。

Tags »

Autor:admin
Themengebiet: 太陽光発電の生の声