我が家に太陽光発電パネルを設置する

川越市で築5年の小さな家に住んでいます。
川越市では、太陽光発電の補助金が申請できることから、ここ数年で驚くほど、一般家庭にも普及してきました。
私のご近所の友人宅にも数年前に太陽光発電のパネルが屋根に乗ったこともあり、色々発電効率や売電量について聞いたりしていましたが、誰もが口をそろえて、「お宅もやった方がいい」と勧めてくれます。
みんな、高い買い物だからと、ちゃんと比較検討してから導入していることもあって、太陽光発電で失敗した人はほとんどおらず、誰もが「設置して良かった」と満足そうに言います。
我が家も補助金の申請がスタートするとともに、太陽光発電を設置することにしました。
ただ、我が家はデザインのついた屋根なので、一般的な大きさのパネルはあまりたくさん載らないことがわかりました。
今まではそれでも設置していた人も多かったようですが、今はそんな屋根にも対応する、小型のパネルも販売されるようになりました。
そのおかげで、無駄なスペースを利用して、たくさんのパネルを設置することができました。
見た目にもかっこ悪くなく、ある程度まとまっていて良いと思いました。
築5年で屋根も比較的新しいので、屋根の取り付けにも別途費用がかかることもなく、良かったです。
設置して初日から、すごくたくさん発電してくれて、とても嬉しかったのですが、それ以上に我が家でどのくらい電気を使っているかが、モニターにより一目でわかるようになったので、すごく色々な発見ができました。
これからは、太陽光発電に甘んじることなく、日々の無駄遣いをなくして、効率的に電気を使おうと思うようになりました。

Tags »

Autor:admin
Themengebiet: 太陽光発電の生の声